fc2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

Ark ~自由の方舟~

個人サークル・ArkRiotのブログ。サークル/日常のことまで何でもござれ

ゲームレビュー「真夜中のイーハトーヴで」 

まいど(°д°)ノ


今日は昨日までとは打って変わって小春日和のような暖かでした

冬なのか、そうじゃないのか、はっきりしてほしいもんだ


で、今回もレビューを行います


作品名=真夜中のイーハトーヴで/サークル名=CAVY HOUSE/ジャンル=変則落ち物パズルゲーム


某雪国の山中で出会った橘はももる+椿こもるは夜が明けないことに気づき、教会を出ると電信柱/どんぐり達が歩き、人語を話す異様な世界が広がり――

幻想的なモノ達が挑むパズルゲーム「あそそび」に勝利することで、ステージを進めていき、不可思議な夜の秘密へと少しずつ迫る


やってまいりました、自分の苦手なジャンル落ちゲーです

テトリス/ぷよぷよに代表されるシンプルで奥の深いジャンルですが、この作品は特殊な落ちゲーです


通常、落ちゲーはブロックを消すのが基本ルールですが、逆転の発想ブロックを積み重ね、画面内の何割かをブロックで埋めるとクリアとなります――ステージ1


数あるステージはクリアの条件が違い、画面内を転がるオブジェをブロックで閉じ込めたり/指定された箇所で、指定された色のブロックを消したりと、落ちゲーの常識を覆すようなステージばかり

こういう斜め上をいく発想は羨ましいなと思う



落ちゲーが苦手は自分ですが、難易度はそれほど高くないようでなんとか一度もゲームオーバーにならずクリア出来ました

絵本のような親しみやすい世界観/スローテンポの心地良いBGM/優しいタッチで描かれた台詞回しが面白いキャラクター達

パズルゲームのエフェクト+表現も細部まで作り込まれていて非常によかった

シナリオもセンチメンタルだが、心温まる良く練られた内容で、クリア後はかなりの満足感があった

クリア後は全ステージをもう一度遊べるようになりますが、難易度の選択はなく、少々味気ない感じがしました

クリア後はそれこそ超絶鬼畜難易度のステージがあった方が、ゲーマーとしては燃えたんじゃないかと思います



このゲーム、実は結構前にプレイしたんですが、諸事情により、レビューが書けないままでした


その諸事情は…まぁ、あれだ












察せ



では今回はこの辺でノシ


はいはいどうも、追記です


どうやらクリア後のモードでは各ステージをクリアするごとに難易度徐々に上昇する仕様になっているようで…


試しに再度プレイしてみると


(°д°)<……


やべぇwwクリアできねぇww

最高レベルは鬼畜らしいですが、そこまでたどり着けません


流石の腕前( ・´ー・`)どやぁ


悔しいんで、時間ある時に最高レベルクリアするまでやり込んでみます



追記終わり!!
スポンサーサイト



2012/12/15 Sat. 20:59 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ark00aoi.blog113.fc2.com/tb.php/341-40c6d93d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)